2017年度Mリーグ 開催要項(大会開始前について)
主  催 NPO法人松戸市テニス協会
参加資格 NPO法人松戸市テニス協会加盟団体
大会の
目的・精神
Mリーグは技術向上を目指しながら幅広いテニス仲間との親睦・交流を図り、”日本一テニスの盛んな街まつど”を実現する為の重要な団体戦として位置づける。
このMリーグは昭和58年(1983年)に冬場のシーズンオフにもテニスを楽しもうとの発案から「クラブ対抗リーグ戦」と言う名称で男子休日リーグが発足し、又その3年後に女子の部が開設された。当初は数チームの参加であったがその後徐々に参加チームが増え名称をMリーグとし、現在では市民大会を凌ぐ程の松戸市を象徴する大会に育った。テニスを楽しむことが目的である故、又団体戦と言う性格から「チーム内及び応援団と対戦相手との親睦」を優先し、同時に「競技性」も重視することを大会の精神としたものである。現在は「賞金」となっているが当初は「酒肴料」と言う名称で支給しているのはこれで親睦を大いに図って下さいと言う意味である。「親睦第一・勝負第一」を大会の精神とするものである。
Mリーグの
概略スケジュール
6月末団体会員名簿登録締切日
7月上旬開催案内・要項の配布
7月上旬〜8月上旬参加申込み期間並びに登録メンバーのスケジュール確認とコートの確保をスタート
8月中旬Tier分け及びTier別対戦日程表作業〜確定
8月下旬試合日程作成スタート(〜監督会議日迄に終了の事)
9月16日 (土)監督会議/運動公園会議室
  第1部(平日・シニア・休日11Tier以上)
  第2部(休日1〜10Tier)
9月中旬リーグ戦スタート
翌年1月末日終了(2月の試合は認めない)
1月下旬賞金振込み開始
選手資格
及び登録順位
本年度6月末までに本協会に提出された修正版団体会員名簿に登録されていなければならない。また、以下のルールに従う。
(1)シニアの選手資格は、今年12月末までに男子60歳女子55歳となる男女とする。
(2)同一人物が、複数のチームに重複して登録することは出来ない。
また、平日・休日・シニアの掛持ちも出来ない。
(3)チーム内に選手以外の監督専任者を置く事が出来る。
(4)チーム内の登録順位は実力順とする。
(5)市内在住・在勤・在学者の必要数は、選手登録5名以上、試合出場選手3名以上とする。
※但し、以下のテニススクールを開催する民間テニスクラブにおいては会員・スクール生を在クラブ員とみなしこの限りではない。(2017年6月末時点で10団体)

【テニススクールを開催する民間テニスクラブ】
紫陽花テニスクラブ、SYSテニスクラブ、IHSMテニスアリーナ松戸、塚山テニスクラブ、
松戸テニスクラブ、八柱テニスクラブ、BASIS、アルドールテニスステージ北松戸、
SOL Tennis College、あじさいインドアテニススクール
【重大な違反と罰則】
登録選手と偽って別人を参加させた場合は、当該チームをメンバー不足による敗者とすると同時に、入賞資格を剥奪する。
また、次年度における当該団体の参加資格を剥奪することがある。
この件に関し、監督は相手側選手の本人確認のために、免許証や身分証明書の提示を求めることが出来る。ただし、提示までに2週間程度の猶予を認める。
参加申込方法 ※申込みは終了しました    参加チーム一覧
Mリーグ
参加料
休日・平日リーグ   5,000円 / 1チーム
シニアリーグ     3,000円 / 1チーム

チームのTier分け 参加登録されたチームは、原則として前年度の成績を基に以下の基準でTier(ティア)分けされる。
最下位Tierを除きすべて7チームの構成とする。
この為、今期の編成では通常より多くのチームで下位への移動が発生する。
なお数が増える場合の最終Tierに対しては賞金を配分するチームを増やし、7Tierの場合を基準に別途賞金を定める。

(1)前年度Tier内上位2チームは上位Tierへ昇格し、下位2チームは下位Tierへ降格する。
(2)前年度の成績が特に優秀であると理事会が認めた場合、2ランク以上アップする事がある。
但し、平日・休日の1Tierへの飛び昇格は無しとする(1Tierへの昇格は2Tierからのみ)
(3)>新規参加チームは最下位 Tierに登録することを原則とするが、MTAが上位 Tier の実力が有ると認めた場合は、実力相応の Tier に登録する。
(4)上記(2)(3)に該当するチームが登録されるTier以降からは2チーム以上が降格対象となる。
但し、この場合でも前年度3位に入ったチームは降格対象とはならない。
(5)同一Tier内に登録出来る同一団体所属チーム数の制限は無い。
(6)今年度参加チームのTier分け結果は8月下旬までに決定し、各チーム監督宛にメール送信する。
複数チーム登録のクラブ内で、次年度にチーム数を減じて登録する場合には、原則、前年度下位Tierチームを抹消とする。但し3チーム以上登録されている最下位Tierチームが上位チームと別組織(交流無し)の場合、テニス協会にその判断を仰ぐ事が出来る。
試合日程の決定 各チームの対戦日程については8月下旬にホームページに掲載されるTier別対戦日程表に、以下の順を厳守して入力する。
@ホームチームはホームの試合日を設定する
(注)この入力がスタートとなりますので監督は余裕を持って事前に選手の日程確認・調整を行っておいてください。これは最優先事項です。
Aホーム試合日入力後 、ビジター希望日を選択する。
B希望日が重なった場合には ビジターチーム間で調整を行う。(上書きは厳禁です)

(注)この時点では12月末日迄が入力出来る。休日組は2月以降の試合が没収試合となることを考慮して土日祭日も出来るだけ利用し、日程に余裕を持たせる事。
Tier内チームの
連絡方法
Tier分け後開設する監督ページに掲載されるTier内メーリングリストを利用してMリーグ担当役員、及びTier内全チーム宛に連絡し、周知を図ること。
試合会場の確保
及び
一日の試合数
試合会場確保に関し、8月下旬の各ホームチームのコート提示は円滑なスケジュール確定の為の重要な第一歩の作業である。この遅れはTier内の他チームへの大きな障害となるので、コートの確保及び登録メンバーのスケジュール確認は参加申込みと同時に開始することを望む。特に自らのコートを持たないチームは民間コートの活用を含めて早めにその確保に努めること。

(1)コート2面を松戸市内に確保すること。やむを得ない事情がある場合でも、松戸市隣接区域内にコート2面を確保しなければならない。
(注)但し、対戦相手監督が了承すればコートは松戸市隣接区域外や1面でも可とする。
また、1面の場合には一日1試合とする。
(2)ホームチーム側は、全試合が消化できる様コートを確保する事、やむをえず消化できない試合(途中試合)は、細則9項の試合順延を適用する。
(3)一日2試合の場合は、十分間隔をとる事。一日3試合は禁止とする。
監督会議 【平日・シニア、休日11Tier以上】9月16日(土) 16:00〜17:25
【休日1Tier〜10Tier】9月16日(土) 17:30〜18:55
場所 : 松戸市運動公園武道館会議室
※詳細については8月下旬、各監督宛に監督会議開催案内をE -mail送信致します。