テニス協会について
 
  松戸市テニス協会
は、1984年(昭和59年)3月に前身となる「松戸市庭球協会」から改名する形で発足されました。松戸市テニス協会発足の母体は、1961年(昭和36年)の常盤平団地入居住民のスポーツ愛好家から発した「常盤平硬式テニスクラブ」の会員の方々が、松戸市民への硬式テニス普及を目指して作られた「松戸市硬式庭球協会」(1962年10月発足)であるとされています。その後、1967年(昭和42年)10月に「松戸市庭球協会」に改名され、1984年(昭和59年)3月に前述の通り「松戸市テニス協会」となりました。(参考)松戸市体育協会50年史より
  つまり、約45年もの間、様々な方々のご努力により松戸市の硬式テニスは発展を続けて参りました。現在では、シングルス大会やダブルス大会、松戸市内のテニスクラブ対抗リーグ戦(Mリーグ)なども大盛況の中実施され、さらに松戸市代表チームは「県民大会3連覇(2005年3月現在)」など県下の強豪として大いに評価されています。
  今後も松戸市テニス協会は、皆様に支えられながら松戸市のテニスの発展と、松戸市民の体力向上、健全な精神を養うことを目指して参りますので、よろしくお願い申し上げます。